ユズの木 切り上げ剪定

3月12日

2年近く気になっているユズの木

 

随分と勢いよく育っている

 

植え付けた後1回だけ横に伸びてきている枝を

 

切り上げ剪定した時のこと

 

がん治に怒られてしまった

 

その後、3年くらい放置した

 

切ってあげないとかわいそう

 

特にユズは実が汚れていてかわいそう

 

無農薬で育てたいならそれなりに手入れの方法があり

 

このまま無視し続けているわけにはいかない

 

今日は、がん治を送り出した後すぐに

 

電気ノコギリで気になっているところを

 

切り上げ剪定していった

 

本当は「切ってもいいか?」とがん治に

 

了解を得なければならなかったのだが

 

聞いたら切れないことを私は知っていた

 

だからわざと聞かなかった!

 

聞いたらまた1年先延ばしになってしまい

 

ユズの木や実がかわいそう

 

だから、切った!!!

 

あとはなるべくすぐにバレないように

 

枝を切って薪にしたり

 

トゲで対処出来ないものは燃やした

 

証拠隠滅だぁ!!!

 

このブログ見ているからすぐにバレちゃうんだけどね〜(笑)

 

3月26日

ユズの木 After

 

3月12日

瀬戸のなんとかという品種のミカンの右側の枝も気になる場所

 

やっと今日切れた

 

  

左、もう1本の瀬戸のなんとかというミカンの木は

 

中央の横下方へ延びているのを切った

 

右、ヤマモモの木も目立たない程度に切れた

 

がん治に見付かるのも時間も問題だな〜(笑)

 

8年育てた固定種のニラを潰されたのと

 

3年育てたティートリーを雑草と間違われて切られたのと

 

滝川ゴボウ(固定種)の種取を置いていたのを

 

雑草だと思われて機械で粉々にされたのと

 

アイリスの花を折られたのと

 

がん治にしてみれば雑草かもわからんが

 

私にとって見れば大切に育ててきたものだった

 

しょうがないものはしょうがない

 

ユズや瀬戸のなんとかというミカン2本、ヤマモモの計4本

 

私が切り上げ剪定して枝を切ったことをがん治に文句言われても

 

言い返す上記4つが揃ってるんだぞ〜

 

もうお互いに

 

許しあうしかないんだぁね〜

 

もう切っちゃったもんね〜(笑)

 

ヤマモモの花 切った枝は庭に持ってきた

 

タンポポの種がフワフワでかわいかった

 

八重の水仙が咲いていた

 

市内へ持っていってもらって

 

お客様の癒しになりますように

 

 

 

 


5年がかりの梅の切り上げ剪定を完成させてスタート地点に立つ

2015年6月13日撮影

 

2015年7月撮影

 

2015年12月14日撮影

 

2015年12月15日撮

 

2015年12月17日撮影

 

2017年2月3日撮影

 

赤丸印は切ったらいけない場所なのに知らなくて

 

2014年頃にがん治が切ってしまった

 

2017年2月27日撮影

 

最も貧相な姿になった時

 

2020年2月26日撮影

 

あれから3年、貧相な梅の木が

 

上方面へも横方面へも太く大きくなってくれた

 

2020年3月12日撮影

 

切り上げ剪定前

 

2020年3月12日完成

 

切り上げ剪定後

 

2015年6月この状態から右側全体、そして左もほぼ無くなった

 

2020年3月完成形

 

半分より上の幹が随分と太くなった

 

左右がなくなって

 

植物ホルモンが上方へ行きやすくなっただろう

 

ここまで段階的に切り上げ剪定するのに

 

5年もかかってしまった

 

これで本当に本当にスタート地点に立てたような気がした

 

今年も梅の実の収穫は諦めることにしよう

 

大きな果樹の木を切り上げ剪定してやっていくのにはとにかく時間がかかった

 

幼木から植え付けて無農薬で切り上げ剪定していく方が

 

もしかしたら早いのかもしれない

 

 

 

,鉢△鮴擇辰燭△箸量擇老擇て中身がスカスカだった

 

最後に切り口の様子をアップして

 

5年にわたる切り上げ剪定の投稿を完成形として終了したいと思う

 

2015年6月13日の一番下の切り口

 

2020年3月11日の同じ場所の切り口は

 

周囲が円形状に分厚くなって修復が進んでいるように思えた

 

これは成功している証かな?!

 

上記の切り口よりも更に失敗しそうな大きい切り口も

 

周囲が分厚くなって修復が進んでいた

 

決まって横方面へ枝が張っていた場所には空洞が出来ていた

 

 

私は切り上げ剪定の講習会には一度も行ったことがなく

 

しっかりと学んだわけでもないが

 

今は切ってはダメだと梅の木が教えてくれたようなこともあって

 

大きい切り口になってしまうような場合は

 

無理に切ることをしなくても済んだ

 

この切り上げ剪定が正解なのか不正解なのかはまったくわからない

 

だけれど、梅を無農薬で収穫していくには

 

段階的に切り上げ剪定をしていくことは必要だったと思った

 

自分の好きなように剪定させてもらえたこと

 

従来の剪定方法とは間逆の剪定の切り上げ剪定は

 

なぜか私には呼吸が合っていて何も不安なこともなかった

 

ただ、大きな老木になると

 

5年という月日が必要になるのだから

 

イラな人には向いていないという剪定方法だと思った

 

やはり、自分がイラでなくてよかった

 

 

夫が私の生活の全てを守ってくれるという

 

安心感の下に私が存在しているということが

 

私の切り上げ剪定を貫くことが出来た大きな心の支えだった

 

本当にありがとう!

 

 

時に生じる夫との意見の食い違いも10年という月日の中で

 

次第に認め合うようになってきたのも

 

経験の積み重ねで必要だったのかな〜?!

 

コントのように時には楽しかったことも思い出す

 

 

切り上げ剪定については頑固を貫いていけた

 

これが私らしく生きるということ

 

梅の木が喜んでいる姿をこうやって見れたとき

 

私らしく生きれてよかったと思った

 

 

 


2日間かけて山(丘)のミカン畑の雑草刈

がん治が2日間かけて丘の雑草刈をしてくれた


夏の間、一度も刈ることなくほったらかしになってしまった

おかげで水遣りしなくても枯れず棚からぼた餅のような

嬉しい収穫となった。

ありがたや^^


山の雑草刈り

日中がまだ暑さ真っ盛りなので

山(丘)の雑草刈りは色んな意味で危険。

無理に刈ってしまうとミカンの木に水分がいかなくなり

枯れやすくなってしまう。

ツルツルの丘にすればこの暑さなら

水やりが必要になってしまう。


諸事情があって、全部を刈らなくてはならなくなり


綺麗に刈りました。

そうしたら崩れているところが


目立つようになってしまい

色んな方に驚かれました。


そして、綺麗にしたね〜って

口を揃えて褒められました。



登り道に2箇所、崩れた場所があり

最初の台風で更に崩れ


更に亀裂が大きくなり

更に崩れること確定です。

これが崩れたら上り道がなくなってしまう〜。



諦めなかったことも努力したことも

責めるのではなく思いやったこともあり

いい方向に進んでくれて

そんなに人生悪いもんじゃないなって

思えるようになりました。

一番最初の出だしが底辺だったことも

いろんな意味でよかったのかもしれません。

有難いことがおかげさまで続いています。




切り上げ剪定のレモンの木 親と子供が同居

切り上げ剪定を信じて7〜8年

その間、なるべく人と交流せず

ぶれないようにやってきたつもりです。



本を読んだとき、なぜか直感で

これは本物だと思いました。


2018年7月26日撮影

7〜8年、夫との意見の食い違いもあり

折れてしまいそうな時もありましたが

親のレモンと子供のグリーンレモンが

1本の木の中で一緒に生きています。


完全に無農薬です。

無肥料は3年?くらい?


夫が私の目を盗んで有機肥料を入れていたかも?

だから完全に無肥料とは言い切れません。



しかし、くじけずにやっていたことが実を結びました。

裏山(丘)にはこの1本のレモンの木のみ肉眼で

成功したことを確認できました。


他の木は、まだ実をつけてないのもありますが

それも時間を追うごとにこの成功したレモンの木に

続々と続いていくでしょう。



植えつけて4年で収穫できるのに

7〜8年たっても実さえつけてくれない木もあるのも事実です。

心配してくださって本当にありがとうございました。



台風12号が接近しています。

せっかくの稲やトマトなどの作物が

駄目にならないように

私は天に祈るしかありません。



どうか作物の被害も

山崩れの二次災害も

最小で済みますように。



どうかS谷の方々や町内

島のあらゆる場所

広島県、岡山県、愛媛県

西日本豪雨災害で被災された地域

などなど

被害が最小で済みますように。

出来るだけ早めの避難をしてください。



※落ちたトマトや亀裂の入るもの

 倒れてしまった作物だけ

 キジの親子とカラスのつがいちゃん

 食べてもいいよ。他は置いといてね〜。

 稲は今年は無肥料。倒れないって信じたい。


無農薬・無肥料の柿を収穫しました。


今年は柿がたわわに実ってくれました。

島に来た当初は毎年実をつけてくれましたが

無肥料にしてから、隔年での収穫になってしまいました。

柿の木が毎年、実をつけるのは無理だよって言っているんでしょうね。


家の裏の入りにくい場所で高い所にあるので

高枝バサミだけでは届きません。


脚立を通り越して三脚に乗らないとです。


カマキリ発見!


高枝バサミでうまくつかめなかったものは落下して割れてしまいました。

でも、今日中に皮をむいて食べてしまえば大丈夫です。


コンテナに半分弱の量を収穫して終わらせました。

全部を収穫できたらコンテナに2〜3杯にはなるでしょう。

高いところは採れないので毎年諦めています。

最後にはカラス行き〜。


完熟した柿は柿酢の材料に最適です。


2年に1度の有難い収穫でした。


後日、柿を消毒したビンに詰めていきました。

3日後、1週間後次第に水が上がってきて(柿が自然につぶれて)


プクプク発酵し始めました。

梅の木 切り上げ剪定 やっとスタート地点に立てました。

新月前後は剪定のチャンスです。

昨日、畑の一部に集めていた伐採木を

風呂の薪用にコンテナへ切って整理して

電ノコを片付けようと思ったところ

「待て」と言われているような・・・


見上げると、目の前に梅の木が・・・

今日はがん治がいないし

絶好のチャンス到来じゃ〜。わらう


2015年春の元々の梅の木

段階的に何年かかけてこの赤印を中心として残して

そこからスタート出来ればいいかと思っていました。

しかし、この赤印のスタートまでいくのに何年かかったことか。

気を付けて段階的に切り上げ剪定をし始めました。

2015年 6月13日、7月8日、12月14日、12月17日 合計4回

2016年 なし

2017年 2月3日 合計1回

段階的に切っていくのには、かなりの時間を要しました。

木自身の生命力を見ながら、また周りの理解を得るまで。


2017年2月3日青い部分を切りました。

これで気になるところはほとんど完了しました。


赤丸印の、昔、がん治が切ってしまった所


裏から近くを見てみると


青い苔が生えています。

これは切った場所が間違えているという証拠らしいです。

本来なら上に延びるものを切らずに置いておけばよかったものの

この時(5〜6年前)には、切り上げ剪定のことを何も知らなかったので

切ってしまったものは、しょうがないです。今後のことを考えればいいだけのことです。

また、無理していっぺんに切りすぎてしまうと、切り口周辺が白くなるそうですが

今の所、白く変色した所がないので切りすぎではないようです。


追記


2017年月29日撮影

そんなに背中を反らなくてもいいんじゃない?

スタート地点に立てたと思ったけれど

梅ノ木が背中を反っている状態は少し気になっています。

もう一度、時機を見て切り上げ剪定しようかな〜?!

レモンの苗を下の畑へ植え付け完了。ブルーベリーの苗を移植。

レモンの木10本のうち5本だけは植え付けを終えていましたが

今日は残りの5本をがん治が下の畑へ植え付けてくれました。

天気が良くて暖かくて気持ちよかったといって帰ってきました。晴れ



私は、家の中で、内釜がついた圧力釜を使って大豆を茹でたり色々。

沸騰してから15分で振り子の揺れが止まったので

火をとめて15分待ちました。大豆は茹ですぎのようで

形が崩れてしまうのも出てきてしまいました。

次もチャレンジして炊き具合をつかみたいです。

ヨーグルトメーカーも奥から引っ張り出してきて

日の目を見ることができたかな。き



2016年11月に収穫した青大豆は、家族が食べれる分くらいは

まだ残っています。すごくたくさんあるわけではないけれど

もし、納豆が美味しすぎたら玄麦味噌は

別に作らなくてもいいかなとかよぎってきちゃいました。

要は美味しいものが食べれたらそれで幸せです。ハート

今年の味噌作りはあの1回で最後だったのか〜と思うと寂しいような気がしないでもなく。

購入した麦用の種麹の消費期限が2017年6月ということだけが困りました。アセアセ

私の性格なら、失敗を恐れるよりも使っちゃうかもなぁ〜。豚



レモンを植え付けるとその時に使っていた鉢が空くので


ブルーベリーの鉢を、その空いた鉢へ移植しました。


小ポット→大ポットへ

こういう細々したことは女性の方が得意です。きらきら



キムチは1月15日の仕込から11日目

私が好きな酸味が乗ってくるのはまだ先のようです。

がん治がカブを収穫してきたので、薄切りにして

塩もみして何か作ろうとしていましたが

キムチのヤンニョムの量の多さに引き込まれてしまって


カブの塩もみをギュッと絞って切ったキムチと一緒にしたら

大変美味しくなってしまいました。

後から薄切りにした大根やカブを加えるという方法があったとは!!!ひらめき

ヤンニョムが多いキムチっていいわぁ〜。Docomo_kao12



そして、ふきのとうを収穫しました。

収量は昨年の1/3に減ってしまいました。

わざわざフェリーに乗って竹原へ出ることが少なくなって

それもそれでよかったのかもしれません。

少し開き気味のふきのとうでふき味噌を作りました。

ふきのとうを刻む前から鍋に味噌とみりん、砂糖を入れて

弱火にかけながら練って、刻みたてのふきのとうを入れて

火にかけたらくせになりそうな美味しさでした。

酵素玄米を再び炊いたので、ふき味噌おにぎりを8個作りました。

広島市内のじじ、ばばが喜ぶだろうなと思って

たくあんも脇に添え、がん治に持たせました。



私は、たくあんが好きとか、お年寄りが喜ぶような黒豆

ふき味噌など別段とても好きというわけでもなく

あえて言うならば、なくても構わないものばかり

田舎暮らしを始めるとその暮らしに合った食生活が

いつの間にか身に付くというかそうなってしまいました。

島に暮らしてても、勤めている時はスーパーで買い物を

していたので都会と生活はあまり変わりませんでした。

最初は全く野菜が作れなかった時(今もそうだけど)

働きに出た1年8か月、その時にはそれこそ有難い収入でしたが

今のようには楽しい時間は得られなかったなと。

子供たちが巣立った時に、今、主人と第2の人生が始まったかのようです。


レモンの苗を下の畑へ植え付けました。

市内の仕事(出稼ぎ)から帰ってきたら

いつも翌日は疲れて動けないがん治だけど

今日は、下の畑へレモンの木を

植えたいと言い出して

つるはしで穴掘って

10本中5本のレモンの苗木を
(2年物のレモンの木を購入して植木鉢へ植えたものを1年間家の前で育てたものです。)

植え付けてくれました。

がん治が軽トラックに諸々を積んで出発する時に

私は心の中であなたにこういう言葉を

言っていました。
続きを読む >>

枯れそうだったミカンの木を切り上げ剪定しました。

一昨日枯れそうなミカンの木の今後を巡って

がん治と口論となったけれど

お許しをもらってなんとか

切り上げ剪定をさせてもらうことが出来ました。

がん治が切り上げ剪定を完全に理解したから

切らせてもらったということではなく

どうせ枯れるんだからと、がん治が諦めてくれたので

切らせてもらえたと言っても過言ではありませんけど〜www。


根元がかわいそうなことになってます。

なんとか負担を取り除いてあげたいです。


切って


切って


これだけの量を取り除きました。

before

after
コンパクトになりました。

そして、救済できてほっとしました。

この木が枯れそうになったから

切り上げ剪定の話が出来たので

この木にお礼を言わないといけません。

切り上げ剪定については

がん治とは膠着状態でしたが

ほんの少し進めることが出来たことは

嬉しいです。

4年物の苗木を植え付けて4年経過しても

1個も実をつけない木があり

腹立たしいがん治の気持ちもわからないわけではないけれど

なんでか私は悲しくもなく怒ることもなく

平穏でおれます。

だって、1個の実さえもつかなくても


この木自身が元気いっぱいですよって

言っている気がするから

それほど焦らなくてもいいんじゃないかなって思います。

大器晩成って言うしね。

before
切り上げ剪定を中途半端にして

膠着状態でもめてるから

枯れるんじゃないかな?

とも思いました。

この木に何も出来くて悪いことをしてしまいました。

なんとか頑張って生きてほしいです。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
がんちゃん自然農園
がんちゃん自然農園は10年間、農薬・除草剤・化学肥料を一切使用していません。フキ、タケノコは2014年6月から無肥料に切り替えました。固定種を使用し自家採種に励んでいます。
自然農法をしている人々のブログへGO
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
月と地球
Live Moon ブログパーツ
カウンター
ペットショップへ行く前に
いつでも里親募集中
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
無肥料栽培を実現する本
無肥料栽培を実現する本 (JUGEMレビュー »)
岡本よりたか




※大崎上島の図書館へリクエストしたら入れてくださいました。〔615・オ〕実用書
recommend
その「油」をかえなさい!
その「油」をかえなさい! (JUGEMレビュー »)
内海 聡



※大崎上島の図書館にリクエストしたら入れて下さいました。


栄養学各論の授業よりも、油=脂質のことを、誰でもわかるように書いてあり驚きました。内海先生が栄養学校の先生だったら絶対に眠らなかったなって思います。誰にでもわかりやすく油を変えた方がいい理由が書かれています。




facebook人気ユーザーランキングで「9位」(2015年5月時点)


今、最も注目されている医師です。
recommend
1?からはじめる自然菜園
1?からはじめる自然菜園 (JUGEMレビュー »)
竹内孝功
草を活かして、無農薬で野菜がぐんぐん育つ!



※大崎上島の図書館に置いてあります 626・タ・実用書
recommend
パルシック 有機カフェ・ティモール(豆) 200g
パルシック 有機カフェ・ティモール(豆) 200g (JUGEMレビュー »)

無農薬・無化学肥料のコーヒー豆です。注文が入ってから焙煎してくれます。パルシックから購入されることをおすすめします。http://parmarche.com/shop/
recommend
recommend
カルチャー・スタディーズ【2500円以上送料無料】自然の野菜は腐らない これが本来の食/河名秀郎
カルチャー・スタディーズ【2500円以上送料無料】自然の野菜は腐らない これが本来の食/河名秀郎 (JUGEMレビュー »)
自然栽培=野菜・果物作りの王道=無肥料・無農薬・無化学肥料

この栽培法で作物が育つなんて誰も信じてはくれないでしょう。しかし、野菜も人も、薬に頼らずに健康に生きられる方法が書かれています。自然農を実践されている方に大きな励みをもたらせてくれるのではないかと思います。

※大崎上島の図書館に置いてありました。
recommend
recommend
自然菜園で野菜づくり 育ちや味がどんどんよくなる
自然菜園で野菜づくり 育ちや味がどんどんよくなる (JUGEMレビュー »)

※大崎上島の図書館にリクエストしたら入れて下さいました。
recommend
「モンスター食品」が世界を食いつくす! 遺伝子組み換えテクノロジーがもたらす梓
「モンスター食品」が世界を食いつくす! 遺伝子組み換えテクノロジーがもたらす梓 (JUGEMレビュー »)

今、世の中の人が一般的に食べているお肉や大豆、野菜、お菓子などがどういったものなのかを知らなかったらどうなってしまうんだろう?

とにかく読んでよかった。読まなかったら何も知らずに食べていたかもしれないと思うと恐いです。

とにかく若者に知ってもらいたいと思いました。

※大崎上島の図書館にリクエストしたら入れて下さいました。
recommend
アナスタシア
アナスタシア (JUGEMレビュー »)
人間と自然、宇宙、そして神についての真実とは…?
あなたの生き方を変え、地球を救う一冊。

※大崎上島の図書館に置いてありました。
recommend
【送料無料】このTシャツは児童労働で作られました。 [ シモン・ストランゲル ]
【送料無料】このTシャツは児童労働で作られました。 [ シモン・ストランゲル ] (JUGEMレビュー »)
安いからとH&Mの洋服を購入していませんか?この本を読むまでにこれらの洋服がどうやってひどい状況下で作られているのかを全く知りませんでした。読んでよかったです。(児童書です)
※大崎上島の図書館に置いてありました。
recommend
フェアトレードチョコレート『ヘーゼルナッツ』【メール便対応】
フェアトレードチョコレート『ヘーゼルナッツ』【メール便対応】 (JUGEMレビュー »)


お菓子に使用されている砂糖は遺伝子組み換えショ糖がほとんどでチョコレートを購入するときはいつも躊躇してしまいますが、このチョコは黒糖を使用しています。おまけに着色料 保存料 乳化剤 不使用 フェアトレードです。
recommend
【間限定8%OFF特価!】テラデントエコ歯ブラシ ホワイト
【間限定8%OFF特価!】テラデントエコ歯ブラシ ホワイト (JUGEMレビュー »)


ゴミの減量化だけでなく磨き心地も素晴らしい歯ブラシだと思います。


おすすめ度

☆☆☆☆☆☆☆
recommend
【送料無料】 自然農・栽培の手引き いのちの営み、田畑の営み / 鏡山悦子 【単行本】
【送料無料】 自然農・栽培の手引き いのちの営み、田畑の営み / 鏡山悦子 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
自然農をやりたくて初めて購入したのがこの本でした。今でも、時々この本を読んでいます。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM