お蕎麦とお餅があれば無事に年を越せます。


Jirouさんご夫妻が主催して下さる米米倶楽部の

餅つき大会が今年も無事に終了しました。



お蔭様で今年も、私たち二人の両親の所へ

お餅を送ることができました。

米米倶楽部の皆さん!!

参加された皆さん!!

大変お世話になりました。

そしてありがとうございました。



がん治が当日そば粉を挽いて手作りしたもの。

あっという間に・・・皆でペロン時々ウインクペコちゃん

おいしいって言葉いらないっていうのはこのことですね。





Jirouさんが合鴨農法でお米を育てた

その時の合鴨ちゃん頭の毛がグロかったけど
(写真撮るのは無理でした。)

その後、念入りに血合いもしっかり流水で取り除いて

スープダシとりました!!


除草剤も一切使わないお米作りは

合鴨も安心して雑草を食べれて

御用が終わった後の合鴨ちゃん

今年もありがたくいただきます。お願い

合鴨ちゃんのダシガラまで、ごん助、たま、ももへ

食べさせることが出来ました。犬猫猫

3人(匹)は大喜びでテンションマックスでした。

ごん助は首の方の小さめの骨まで固いせんべいのように

コリコリ噛んで食べてました。犬


合鴨のガラ、また次もよかったらください。

蕎麦のダシくらいまた作ります。蕎麦



私のことをフォローしてくれて

餅つき大会は始終がん治に任せっきりでした。

私は前々日の薪用の乾燥竹

当日の酢の物、黒豆煮、蕎麦つゆを作って

お持ちすることくらいしか協力出来なくてアセアセ


玄米餅とっても美味しくて感動しました。



もち米作り皆で雑草を手で取って

収穫して、そして餅つき大会して

Jirouさんご夫妻がいなかったら

なしえなかったことだと思います。

また元気で皆で一緒に助け合いながら

米作り共にやっていきましょう。


お餅とお蕎麦があれば無事に年を越せます〜!!!ハート

どうか2017年も皆さんが平穏で暮らせますように。

餅つき






毎年、この時期にお米を一緒に作った米米倶楽部の皆で

餅つきをすることになっています。

今年もJirouさん農園で

餅つきをしました。

総勢14名毎年だいたい同じ顔ぶれです。

白餅だけではおもしろくないので

黒豆、みかん、レモン皮&果汁、黒糖を入れたり、玄米にしたり

色んな種類の餅つきとなり楽しいひと時を過ごしました。


レモンの皮をすり下ろして


もち米と一緒に蒸してしまいました。
いきなりの思い付きでこんなことになるとは・・・。


無農薬みかん


黒豆


玄米餅


今年は新兵器の手動式の餅切り機登場です。
続きを読む >>

稲刈り

いよいよ今年も稲刈りシーズンに突入しました。

米つくりで一番好きな瞬間です。

Yさん、Sさん、Kさん、Jさん、Mさん、Tさんの田んぼの順に

稲刈り始まります。

昨夜は早くに寝たのに寝坊してしまいました。

Yさんの田んぼに手伝いに行ったときには


もう機械が3往復くらいで終わりそうな時でした。冷や汗

でも、「寝坊してしまいました〜」正直に言って

手伝えるところ精一杯頑張りました〜。

Yさんの田んぼはどんなに鉄柵を張っても、どこからかイノシシが侵入してきて

鉄柵を強固にしながらを繰り返していました。

田んぼの中央までイノシシが入った形跡がありました。

でも昨年は全滅してお米の収穫が出来なかったので

今年は、少しっでも収穫出来てよかったなぁと思います。

ある程度メドがついたようなので

自分の田んぼに行って雑草を刈って

コンクリート側や畔側の稲を少し手刈りしました。

本来は端側は機械が通らないので

田植えせずにスペースを空けておくらしいのですが

私はこのスペースにも田植えをして

手刈りしてしまえばいいと思っていたので

毎年この場所も無駄にせずに使っています。

雑草の量はこのくらい。

まだ田んぼに残っています。


かかしちゃんは反り返っています。


手刈りしてもほんの少ししか進みませんでした。


この量はまだほんの少し。
田んぼの4辺すべてを合計するとけっこうな量になるんです〜。
4辺への田植えもバカになりませんです。やめられませんよ〜。楽しい


稲刈り機は、この場所のネジを緩めて

横についている鉄の棒の部分を機械側に

引っ込めて畝に上がらないと壊れてしまうので

注意が必要です。

いちおう念のために写真に写しておきました。


稲刈り前の田んぼ




最後まで読んでいただきありがとうございます。

よかったらポチっとお願いします。↓







大水路はツライよ

台風や大雨が予想される時は

大水路を流れてくる水を調整しないとならないそうです。

これをやらないと、田んぼが水で溢れて浸かり

大変なんだそうです。

私たちは今年で3回目の米作り。

田んぼが水に浸かって駄目になった状況をまだ一度も見ていないので

現実味があまりないのです。

今まで、遅れを取らないように自分たちの米作りに必死で

あまり周りのことを見れていなかったと思います。

こういうことは、全部先輩方にやっていただいていました。




田んぼから道路を挟んだ反対側に大水路があり


人がやっと1人通れるくらいの階段を下りていくと


こういうのが置いてあって


きっとこの板を使って水路の流れを調整するんだろうけれど

聞いただけで拒絶反応してしまいました。

流されてしまいそうでとにかく恐いですよ。ここ。

(この画像は台風去って、大水路を開放した後のものです。)



がん治が台風前日に、黄色がかったベニア板などでふさいで

準備をしてくれたものの、今朝はがん治は広島へ仕事に行っている為に

私1人、トホホ・・・。いったい誰がこのふさいだ板などを開放するのか?・・・

いくら台風後、晴れたからといっても水流はいつもより激しく

板を抜くことは至難の技です。女1人で出来るものなのか?

これ私??の役目なんだと思います。こういう場合。



朝、米米倶楽部のSさんから電話で、田んぼ脇の水路が少なくなっているのと

私たちの担当の田んぼの水位が低くなっているって教えていただきました。

晴天になり、大水路を開放して田んぼ脇の水路に水が流れるようにしないとならず

大水路開放は「ようやらん」(出来ないという意味)と思っていたところ

Sさんが、「やっておいてあげる」と言って、大水路の開放をやってくださいました。ありがとう



台風前日、Sさんのブルーベリー収穫のHELPしてよかった。

「本当に、Sさんは昨日のこと嬉しかったんだな〜。

 それできっと私のことを助けてくれたんだ〜。」と思うと

助け合いってこういうことなんだぁ〜きと思えてなんか幸せな感じがしました。きらきら




苗の移動

Jirouさんから、田植えがいよいよ始まりました。

苗をそれぞれの田んぼへ移動しました。



苗は毎朝、Sさんが水路の水を入れて苗をここまで育ててくださいました。

米米倶楽部の男性陣が頑張って朝から午後1時過ぎまでかかって
これらの苗をそれぞれの田んぼへ運んでくださいました。

Sさんの田んぼは、今年は午後からすぐに
代掻きに取り掛かることが出来ました。

6月1日(日)午前Jirouさんの田んぼ(田植え・終了)

6月1日(日)午後K氏の田んぼ(田植え・終了)

6月3日(火)午前S氏の田んぼ(田植え・予定)

6月4日(水)午前Y氏&T氏の田んぼ(田植え・予定)

6月4日(水)午後M氏N氏の田んぼ(田植え・予定)

皆様今日もお疲れ様でございました。




ポット播種機で種まき(米)

塩水選を行った種籾から芽が出始めたようで

これを育苗ポットへ入れていきました。



米米倶楽部では、毎年この培土を使っています。(過去3年間)



“張櫂奪箸砲海療擇鯑れて



⊆鑢發鯑れて



このポット播種機の下の入口から,鯑れていきます。

この機械はすぐれものでハンドルを回すと

圧力がかかり、土が凹んでくれるので

その中へ予め入れておいた種籾が

板ポットへハンドルを回すと同時に

凹んだ穴へ入っていくようになっています。

ポイントは、水につけていた種籾を

早めに取り出して乾燥させることです。

するとムラなく均一?に入りやすくなります。

一番良い方法は、手できっちり3粒ずつ入れるのが

いいのでしょうが300枚作るとなると

日が暮れてしまいます。

そ个討たポットの上から軽く土を被せたら出来上がりです。

1人は板のポットに土を入れていく作業をし
1人はこれをポット播種機の入口へ入れていく作業をし
1人はポット播種機のハンドルを手動で回す作業をし
1人はポット播種機の出口から受け取る作業をし
1人はこれに土をかぶせる作業をし
1人はトラックの荷台へ積んでいく作業をしました

最終的に出来上がった枚数はというと

コシヒカリ120枚

満月餅38枚
 
 
 
Kさんミルキークイーン101枚

Sさんミルキークイーン110枚 

だいたい30枚で田んぼ1反分らしいです。

全員で約9反ありますので270枚くらいで足りるのですが

全部で約370枚作りました。

昨年は芽が半分しか出なかったので

今回は作れるだけたくさん作りました。



黒い根切りシートを敷いた上に

種籾を入れたポットを並べて

ベニア板で鎮圧させていきました。

今年はとにかく丁寧に行ったので

毎年お昼すぎには終わっていた作業ですが

夕方6時になっても終わらず

作業は翌日に持ち越しになりました。
続きを読む >>

種籾の選定

昨晩、米米倶楽部の総会があり

新たに島外から移住されたメンバーが二人加わり

初顔合わせになりました。

お二人共、捻れ+5種体癖だと思います。

頼もしい戦力となるメンバーの加入に

嬉しい限りです。




今日は種籾の選定を行いました。


のけ取り

昨年収穫した種籾の先についている

この「のけ」というのを取り除くために





こういう機械を使って攪拌していきました





蓋をして約5分タイマーをセットします。



海水に、生卵が浮いて立つくらいの塩を加えていき
塩分濃度(4.5〜 5%)の食塩水を作ります。



先ほど機械でのけ取りをした種籾を入れて



よ〜く攪拌します。



ここで浮いてきたものを何度も何度も

丁寧に取り除きます。

会のYさん「きれいにとりのぞかにゃー」など

横から口が出ます。

1年前、2年前は、それほど丁寧に取らなかった記憶が・・・

また、昨年は稲の発芽率が最悪を記録してしまいました。

しかし、その失敗は失敗に終わらず

着実に次の年の力になっている気がします。

皆、言うところはきちんと言い合い

「うん。うん。なんかいい感じです。」



下に沈殿したものだけを今年の種籾として使用します。



左、K産もち米
中央上から、K産ミルキークイーン、K産ミルキークイーン、S産ミルキークイーン、S産ミルキークイーン
右、M産コシヒカリ

いちおうこれで会全員分の種籾の選定が終了しました。



私は洗濯ネットの中に、お気に入りの赤米を入れて、忍ばせておいちゃいました。

田んぼの端っこの方に一本植えして赤米の種をふやしたいな〜という作戦です。

ダメ元ですから〜。



Yさん、ポリタンク約20ℓを2本も海水を汲んでくださりありがとうございました。

気づかない所で、こういうお心遣いがあるんですよね〜。

なんだかとても嬉しいです。

続きを読む >>

2014年 米米倶楽部  始動

2014年2月27日、今年の米作りの為の準備等いよいよ始動しました。

昨年、会のメンバーの収穫前の田んぼにイノシシが入ってしまい、その残念な出来事を繰り返しにたくない思いから、皆で柵をはることになりました。

がん治から話を聞くと、時間にして約9時間かかったようですが、助け合いと協力でとても楽しい労働をしたようです。(私はいけなかったんです〜)

メンバーそれぞれ、自分の米を作りたいという真剣な思いが、がん治との会話で伝わってきました。

除草剤なし・化学肥料なし・農薬なしの米作りができるからこそ、草取りなどの重労働でも出来るのかな?!と思います。

柵を張ったり、機械を動かしたり、土のうを積んだり、力仕事というのは断然男の人が得意であります。
女性一人では、力仕事は大変なものです。女性はEM菌を作ったり、最後の方いいタイミングでちょこっと抜けてご飯作ったり、細々したことが得意であります。

米作りって夫婦でやるのが、とってもいいように感じます。

そして、除草剤なし・化学肥料なし・農薬なしの米作りを自分の手でやりたいという同じような人が新しくメンバーに入るといいなと思っています。

この島には若い人が、次々と移住してきているようで、とっても嬉しいです!!








calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
がんちゃん自然農園
がんちゃん自然農園は7年間、農薬・除草剤・化学肥料を一切使用していません。フキ、タケノコは2014年6月から無肥料に切り替えました。固定種を使用し自家採種に励んでいます。
自然農法をしている人々のブログへGO
にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
月と地球
Live Moon ブログパーツ
カウンター
ペットショップへ行く前に
いつでも里親募集中
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
無肥料栽培を実現する本
無肥料栽培を実現する本 (JUGEMレビュー »)
岡本よりたか




※大崎上島の図書館へリクエストしたら入れてくださいました。〔615・オ〕実用書
recommend
その「油」をかえなさい!
その「油」をかえなさい! (JUGEMレビュー »)
内海 聡



※大崎上島の図書館にリクエストしたら入れて下さいました。


栄養学各論の授業よりも、油=脂質のことを、誰でもわかるように書いてあり驚きました。内海先生が栄養学校の先生だったら絶対に眠らなかったなって思います。誰にでもわかりやすく油を変えた方がいい理由が書かれています。




facebook人気ユーザーランキングで「9位」(2015年5月時点)


今、最も注目されている医師です。
recommend
1?からはじめる自然菜園
1?からはじめる自然菜園 (JUGEMレビュー »)
竹内孝功
草を活かして、無農薬で野菜がぐんぐん育つ!



※大崎上島の図書館に置いてあります 626・タ・実用書
recommend
パルシック 有機カフェ・ティモール(豆) 200g
パルシック 有機カフェ・ティモール(豆) 200g (JUGEMレビュー »)

無農薬・無化学肥料のコーヒー豆です。注文が入ってから焙煎してくれます。パルシックから購入されることをおすすめします。http://parmarche.com/shop/
recommend
recommend
カルチャー・スタディーズ【2500円以上送料無料】自然の野菜は腐らない これが本来の食/河名秀郎
カルチャー・スタディーズ【2500円以上送料無料】自然の野菜は腐らない これが本来の食/河名秀郎 (JUGEMレビュー »)
自然栽培=野菜・果物作りの王道=無肥料・無農薬・無化学肥料

この栽培法で作物が育つなんて誰も信じてはくれないでしょう。しかし、野菜も人も、薬に頼らずに健康に生きられる方法が書かれています。自然農を実践されている方に大きな励みをもたらせてくれるのではないかと思います。

※大崎上島の図書館に置いてありました。
recommend
recommend
自然菜園で野菜づくり 育ちや味がどんどんよくなる
自然菜園で野菜づくり 育ちや味がどんどんよくなる (JUGEMレビュー »)

※大崎上島の図書館にリクエストしたら入れて下さいました。
recommend
「モンスター食品」が世界を食いつくす! 遺伝子組み換えテクノロジーがもたらす梓
「モンスター食品」が世界を食いつくす! 遺伝子組み換えテクノロジーがもたらす梓 (JUGEMレビュー »)

今、世の中の人が一般的に食べているお肉や大豆、野菜、お菓子などがどういったものなのかを知らなかったらどうなってしまうんだろう?

とにかく読んでよかった。読まなかったら何も知らずに食べていたかもしれないと思うと恐いです。

とにかく若者に知ってもらいたいと思いました。

※大崎上島の図書館にリクエストしたら入れて下さいました。
recommend
アナスタシア
アナスタシア (JUGEMレビュー »)
人間と自然、宇宙、そして神についての真実とは…?
あなたの生き方を変え、地球を救う一冊。

※大崎上島の図書館に置いてありました。
recommend
【送料無料】このTシャツは児童労働で作られました。 [ シモン・ストランゲル ]
【送料無料】このTシャツは児童労働で作られました。 [ シモン・ストランゲル ] (JUGEMレビュー »)
安いからとH&Mの洋服を購入していませんか?この本を読むまでにこれらの洋服がどうやってひどい状況下で作られているのかを全く知りませんでした。読んでよかったです。(児童書です)
※大崎上島の図書館に置いてありました。
recommend
フェアトレードチョコレート『ヘーゼルナッツ』【メール便対応】
フェアトレードチョコレート『ヘーゼルナッツ』【メール便対応】 (JUGEMレビュー »)


お菓子に使用されている砂糖は遺伝子組み換えショ糖がほとんどでチョコレートを購入するときはいつも躊躇してしまいますが、このチョコは黒糖を使用しています。おまけに着色料 保存料 乳化剤 不使用 フェアトレードです。
recommend
【間限定8%OFF特価!】テラデントエコ歯ブラシ ホワイト
【間限定8%OFF特価!】テラデントエコ歯ブラシ ホワイト (JUGEMレビュー »)


ゴミの減量化だけでなく磨き心地も素晴らしい歯ブラシだと思います。


おすすめ度

☆☆☆☆☆☆☆
recommend
【送料無料】 自然農・栽培の手引き いのちの営み、田畑の営み / 鏡山悦子 【単行本】
【送料無料】 自然農・栽培の手引き いのちの営み、田畑の営み / 鏡山悦子 【単行本】 (JUGEMレビュー »)
自然農をやりたくて初めて購入したのがこの本でした。今でも、時々この本を読んでいます。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM